チャットのプロダクションを選ぶときに大事なのは報酬率です

たとえば100円稼いだ時に自分がいくら貰えるか、のバック率ですね

報酬率30%だったら10000円稼いだ場合は自分の報酬は3000円になります

「えっ1万円稼いでも3000円しかもらえないの?!」って思ってしまいそうになりますがそもそもそのサイトを運営してくれないと稼ぐことはできないので基本的にはサイトが50%とります

残りの50%を事務所と女の子で分けます

だいたいのところはサイト50%:事務所20%:女の子30%って感じだと思います

在宅で登録すればだいたい50%は自分のものになりますが、パソコンやその他のチャット用の設備、プライベートを隠した部屋づくり、

衣装の準備、光熱費、などを考えたら事務所に所属してたほうが圧倒的に楽です

事務所に登録していればパソコンのトラブルなどもすぐ助けてもらえるし、新しい機能やサービスがはじまったときもスタッフがちゃんとやり方を教えてくれます

また事務所に所属してるとサイト上で宣伝してもらえたり特別な割引対象にしてもらえたり個人で登録してるよりも優遇されることが多いみたいです

そもそも一人で家でやって稼げる子なんて鉄の意志をもってないと

いつでもできるって思うとなかなかログインしない

待機が長くなるとすぐやーめたってなっちゃう

家にいるのに化粧するのが面倒くさい

家にいるのに着替えるのが面倒くさい

家にいるのに片付けるのが面倒くさい

どんだけ面倒くさがり(笑)

ってなって結局はチャットレディそのものから離れていってしまいます

そもそもチャットレディしようって思う人って風俗は嫌だ、バレるのも嫌だ

でも普通のバイトをコツコツとやるのも嫌だ

シフトは自由で高収入を楽して稼ぎたいという横着な部分があるので(私だけかなw)

自分でやる精神力は持っていない人も多いんじゃないかなー

そういう人だからこそ目先の50%という報酬率につられて在宅でやりたくなったり

報酬率だけ見て事務所を決めたりしがちですが注意してください!

書いてある報酬率だけで選ぶと結構大変です

さっきも書いたとおり、報酬率ってだいたいのところは50:30:20の配分です

一次代理店ってサイト直営の事務所だったり女の子をたくさん登録してたりすると

サイトのとり分が減って事務所の取り分が多いみたいです

なのでたまに報酬率が他より高いところもありますが

いくら報酬率が高くても「シフトの縛りがある」というのはネットの掲示板でもよく聞きます

例えば報酬率35%と書いてあっても実は1日〇時間以上入ったら、というノルマがある場合があるので要注意です

結局そんなにログインできないから他と同じ30%っていうところもたくさんあります

また引かれものがある場合もあります

キャバクラなんかもそうですけど謎の「雑費」という10%の費用をとられることがあります

あれほんとなんなんでしょう(笑)

チャットレディは業務委託なので税金を引くこともないはずなんですが税金をひくところもあります

女の子が強く言えない、隠れて副業してるから人に聞けないなど弱みにつけこんだひどいやり方だと思います!むかつく!

あとはレンタル料、クリーニング代などなんやかんやと引かれものが多くて・・・結局報酬率が低いと思ったところと同じだったりします

あとは報酬率が高いところはボーナスがない場合も多いです

なので報酬率だけを見て即決するのは危険です!!

報酬率が高くてもログインしなかったり、できなかったり、引かれものがあったり

サポートしてくれなかったりでは稼げるわけありません!

ちゃんと稼ぎたいって思ってる方は報酬率だけを見るのではなく

「稼げるようなサポート体制・待遇がしっかりしているか」を確認しましょう!

<福岡エリアのオススメ★ランキングはコチラ>

<広島エリアのオススメ★ランキングはコチラ>

こちらの記事もおすすめ!

チャットレディの確定申告 その2

カメラ映りが命!

本当に稼げるの?

18歳から“成人”に!

待機時間を減らす!

お給料は日払いでもらえるの?

だから私はチャットレディを選びました

大阪のチャットプロダクションランキング

コロナ禍の短期バイトにもぴったり

この記事を書いた人

Manami